仕事やプライベートでのITライフを驚異的に加速させる「トラックボールマウス」を紹介!

使い始めたのはもう3年くらい前ですが、トラックボールマウスの素晴らしさを日々実感する毎日です。

トラックボールマウスとは、パソコンのカーソルを操作するマウスの一種です。通常のマウスは底面にボールやセンサーがついていて、マウス本体を動かすことでカーソルを動かしますが、トラックボールマウスその操作の方法はかなり異なります。

 

 こちらが僕が使っているトラックボールマウスの画像です。

本体の左側に大きな青色の球体がありますが、もちろん飾りではありません。トラックボールマウスはこの球体を指で転がすことで内部のセンサーが動きを感知して、カーソルの操作を行います。

なお、「トラックボールマウス」は製品名ではなく、マウスの一部に付随した球体(=トラックボール)を転がしてカーソルを操作するタイプのマウスの総称です。

なので、一口にトラックボールマウスといっても、下記画像のように商品によって球体の位置は様々です。

 

トラックボールマウスのメリット

①腱鞘炎が防止できる

通常のマウスは本体を動かす必要があるので、指、腕、肘の全ての筋肉を使う必要があります。これによって長時間デスクワークを行う人はしばしば腱鞘炎に悩まされます。

それに比べてトラックボールマウスは、球体の位置にもよりますが、ほぼ指一本で操作することができるので、腱鞘炎どころか腕の疲労さえも最小限に抑えることができます。

 

②細かいカーソル操作が行える

以外に思われたかもしれませんが、トラックボールマウスはカーソルをちょこちょこと動かす微細な動きを行うのに向いています。球体を指でちょこちょこと動かすだけなので、マウス本体を動かすよりも遥かに俊敏で繊細な動きが可能です。

 

③場所を取らない

トラックボールマウスは、マウス本体を動かさずに操作を行うことができるので、机の上にマウス一個分を置くスペースがあれば、それだけでOKです。なので、机の上が散らかりやすいデスクワーカーであっても、マウスを移動させる範囲は必要なく、書類を置くスペースを最大限確保することができます。

 

まだまだメリットを上げていけばきりがないほど優秀なトラックボールマウスですが、あえてデメリットを挙げるとしたら以下の点でしょう。しかし②を除いて、どれもメリットの大きさに対して小さすぎるデメリットなので、ほとんど気にする必要はないと思います。

 

トラックボールマウスのデメリット

①操作に慣れる時間が必要

これは皆さん懸念されていたと思いますが、やはり普通のマウスの操作に慣れていると、初めてトラックボールマウスを使った時は戸惑うでしょう。僕も最初にトラックボールマウスを振れた時は、まるで左手で文字を書くが如くでした。

しかし、僕個人の体験談で言うと、3時間で完璧に操作できるようになりました。人によっては慣れるまで一週間かかったり、逆に10分ほどで使えるようになったという人もいます。

ここは個人差があるとは思いますが、例えば最悪慣れるのに一ヶ月かかったとしても、その後トラックボールマウスを使用することで短縮できる作業時間や疲労軽減等を加味すれば、投資は簡単に回収できます。

実際には慣れるのに一ヶ月かかるということはありえないと思いますし、むしろ一週間使い続けても操作できるようにならなかった人は、残念ながら向いていなかったのかもしれません。

 

②球体とセンサーの間に手垢が溜まる

デメリットらしいデメリットと言えば、これだけでしょう。

トラックボールマウスを使用している間は、この球体を四六時中撫でまわしていることになるので、しばらくすると球体とセンサー部分の間に手垢が溜まってきます。

ですので、この球体を取り外して(簡単にとれます)センサー部分を定期的に清掃する必要があります。清掃といっても、ティッシュでふき取る程度で大丈夫です。

 

③電池の交換が必要

これは無線のトラックボールマウスの場合ですが、電池で動かしているので当然電池が切れたら交換する必要があります。しかし普通のマウスでも無線のものはありますし、電池の交換といっても数年に一回ですので、ほとんど気にする必要はないでしょう。

もしいつか内部に充電可能なバッテリーが搭載されて、USB端子経由で充電ができるトラックボールマウスなんかができたら面白いかもしれません。そのためにトラックボールマウス本体がどれだけ重くなろうもとも、操作に本体を動かす必要がないので僕は気にしないですね。

まぁ数年に一度の電池交換のためにそこまでするのはコストが割りに合わないかと思うので、実現することはないかと思いますが……。

 

④職場で使い始めると、奇異の目で見られる?

ITや電子機器メーカー以外の業界で働いている人は、職場でこのマウスを持っていったら奇異の目でみられるかもしれません。しかしながら、それで批判的な視線を向けてくるような輩がいればその人間自体に問題があると思います。

僕はITとはまったく関係のない不動産業界で働いており、実際に職場でこのマウスを使用していますが、物珍しがられこそすれ、批判を浴びたことは一度もありません。しかもしばらくすると、別の部署ですが僕とまったく同じトラックボールマウスを使い始めた人を発見するという、うれしい経験もしました。

ITや電子機器業界でなくとも、こういった先進機器(とはもう言えないかもしれませんが)を受け入れることができなような企業は、いずれ淘汰されていくと思います。

※2017/03/31追記

どうやら会社によっては社内規定でbluetooth機器の使用を禁止しているところもあるようです。もし利用される場合は関連部署の許可を取りましょう。

 

以上、トラックボールマウスの紹介でした。