読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンル別の本の読書スタイルを語る

大学時代、趣味が読書でよく本を買っていたのですが、当時の僕はとにかく本を綺麗に保存することばかりにこだわっていました。

買ってから読み終わるまでは、布製のカバーを着け、読み終わってから本棚にしまう時には透明のスリーブに入れていました。

社会人になってからは、読書スタイルが変わり、まるで骨董品のように本を丁寧に扱うことにだけこだわるのはやめました。

今回は、本の取り扱いと読書のスタイルについて語ります。

 

 

紙の本か、電子書籍

初めて買った電子書籍リーダーは、kindleでした。

当時の僕はとにかう電子書籍リーダーがほしくて、Amazonの発表を心待ちにしており、日本での発売が告知された時は歓喜したものです。

kindleを買ったばかりのころは物珍しさで電子書籍ばかりを買いあさり、紙の本を買わなくなりました。

しかし現在では「小説は電子書籍」「ビジネス書などは紙の本」という風に分けて購入しています。

 

ビジネス書は紙の本で買う

ビジネス書を含めたハウ・ツー本の類は、使わなければ意味がありません。具体的に言うと、折り目を付けたりマーカーでラインをつけたりすることです。

僕がビジネス書を買う時は、まず立ち読みを行い、使えそうな情報が3つくらいあると思えば購入します。購入したらすぐに新品の本の該当のページに折り目をつけ、さらに本文の該当箇所にマーカーで線を引きます。

極端な話、役に立つページの選定が終われば、そのページだけ破いてファイルに保存しておき、書籍本体は捨ててしまっても構わないと思っています。なぜなら本の所有が目的ではなく、あくまで情報がほしいだけですから。

学生時代の僕のように、本を読み終わった後、綺麗に保管しておくことを優先する人は、情報を求めているというよりも、本をコレクションすることに重きを置いているのではないでしょうか。

もちろん、後で古本で売る時のために綺麗に保管しておくという考え方もあるでしょうが、本を売って得られる利益って、売る時の労力と比べてとても少ないと思います。

以上の理由から、僕はビジネス書は紙の本で買うことにしています。電子書籍でも、ブックマークをしたり本文に線を引いたりする機能はありますが、紙の本と比べてリファレンスとしてのユーザビリティがまだまだ低すぎると思っています。

逆に、小説は電子書籍で買うことにしています。

小説はビジネス書と違って、楽しむためだけに消費する側面が強いので、どこにでも持っていけてバックライトなどの環境面でも優れている電子書籍で購入するのがお勧めです。

 

インターネットがあるのに、なぜ本を買うのか

ネットで調べれば大抵の情報は手に入るのに、なぜわざわざお金を出して本なんて買うのか、馬鹿じゃねーのという意見をよく見ます。確かに情報を手に入れるだけならその通りだと思います。某お受験漫画に「本当に良い情報がただで手に入るわけない」という主張がありましたが、最近はそうでもなくなってきてるんじゃないかとも思っています。

ではなぜ僕が本を買うかというと、「時間を短縮するため」です。

商業出版されている書籍は、ほぼ全て目次が付いており、情報が体系的にまとめられています。なので、特定の分野の情報の塊をコンパクトにまとめられているのです。

例えば、僕はこのはてなブログを始める時に、「はてなブログの始め方」的な本を購入しました。ブログの初心者向けの書籍なので、この本の中に書かれている情報はネット上を検索すれば全てどこかのサイトで手に入れられる可能性が高いです。なので、検索すればただで簡単に手に入れることのできるブログの書き方の本を買う奴なんて、よっぽどのバカか情報弱者だろうと思う方も多いかもしれません。

しかし僕は本を購入したことで、もくじで素早く該当の情報が書いてあるページを見つけることができ、そのページを開けば、求めている情報が詳細かつ分かりやすくまとめられています。これがインターネット検索の場合、わざわざ自分で検索窓にキーワードを入れて、出てきた検索結果のどこに自分の求める情報があるか探さなければなりません。もっと言うと、ネットの情報というのは素人が書いていることも多いので、情報の正確性についても確証がありません。さらに、情報が体系化されていない場合も多く、検索でたどり着いたページには自分のほしい情報の一部だけしか載っておらず、残りの情報をまた別のサイトから掻き集める必要がある場合もあります。

以上のことから、ネットで情報を掻き集めるための時間を、数千円の書籍代として買ってしまった方が断然お得だと考えています。

 

まとめ

インターネットを駆使して無料で情報を集めることに躍起になり、情報強者を気取っていたつもりが、知らぬ間に「お金」よりも重要な人生の「時間」を大量に消費して馬鹿を見ている方も多いのではないでしょうか。

誤解の無いよう書いておきますが、インターネットは素晴らしい道具だと僕自身思っていますが、あまり盲信していると「タダより高いものはない」という状況になりかねません。

僕もネットと本を巧く使い分けられるようになって、情報化社会を上手に生きて行きたいと常日ごろから思っています。